ベビーマッサージ教室めばえ市原

市原市ベビーマッサージ教室めばえ

2019年10月よりベビーマッサージ教室OPEN!千葉県市原市 五井、八幡宿、姉ヶ崎

【RTA協会認定】ベビーマッサージ資格の取得を始めました④

2組目のおくるみタッチケアケーススタディを行いました。
今回は妊婦さん。
f:id:su-butachan:20190403185705p:plain
f:id:su-butachan:20190403185743p:plain
おくるみがどんなものかもあまり知らなかったそうですが、出産に向けて良い機会だということで協力してくださいました!

内容や流れは↓を読んで頂けると分かります。
su-baby.hatenadiary.jp
上記で記載した流れと同じですが、自分なりに前回の反省点を改善するよう意識しました。

前回の反省点

前回は生徒さんの家でレッスンを行ったのですが、初めてのレッスン&お宅にお邪魔するということで私がとても緊張してしまいました。
レッスン前の雑談的なものにまだ慣れておらず、玄関の入り方~荷物の置き方など「あれでよかったのかな?」と後で思い返すことがあったり、早くレッスンに入らなければ…と思い、落ち着いた状態からレッスンを始めることが出来ませんでした。

これらの反省点を踏まえて今回は「落ち着いたレッスン」を意識するようにしました。

今回のレッスン

内容

今回は妊婦さんということで、新生児の身体の特徴やおくるみに親しみを持って長く使っていただきたいので、おくるみの良さや使い方も合わせてご説明いたしました。

タッチケアでは新生児の赤ちゃんもお母さんの声はちゃんと聞こえているので、少し高めの声で声をかけてあげましょう。と説明すると少し恥ずかしそうにしながら声をかけていました。

私の感想

今回のレッスンは2回目、さらに私の自宅でのレッスンだったので前回と比べ、落ち着いて一つ一つを進められました。
自宅に招き入れるところからレッスンまで、自分のペースで進めることができたかと思います。

本当に自分のペースで良いの?と自問自答しましたが、「生徒さんは初めての場所だし、どこに座ったらいいかなども分からないと思うのでこちらが率先して誘導し、安心感を持ってもらいたい」という考えに落ち着きました。

なぜなら、自分が生徒の立場だった場合、初めて行く場所で誘導されなかったら居心地が悪いし、どうしたらよいか分からずに緊張が強くなってレッスンもあまり身に入らないと思うからです。

レッスンを受けるときにはリラックスした雰囲気で、少しでも「来てよかった」と思ってもらえるような時間を作れる先生になることを目標に頑張っています。

2回目のケーススタディを終えて

教えただけではなく、質問をされるということも想定しておかなければなりませんでした。
今回は

  • おくるみはどれがいいですか?
  • おくるみタッチケアはどれくらいのペースでやればいいですか?

など何点か質問をいただきました。

その時の知識で答えられる範囲で答えたつもりですが、自信を持って答えられるようにまだまだ勉強が必要だと感じました。

質問されたことリストを作っておくとよいかもしれません。

総括

自分が話したことを真剣に聞いて下さることに「変なこと言ってないかな?」とか「自分が話していることが偉そうに聞こえないかな…大丈夫かな…。」という不安を話している最中から感じることがあります。

しかし、そう感じてしまうのはまだ数回しかレッスンをしておらず、自分の話していることに自信を持てないからだと思います。

今、レッスン中は頭の中が「教えること」でいっぱいになり自分を客観的に見ることが出来ていませんが、これからレッスンをしていく中で自分の教え方や立ち振る舞い方を見直していきたいと考えています。

こちらも引き続き募集しています↓
su-baby.hatenadiary.jp

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村