ベビーマッサージ教室めばえ市原

ベビーマッサージ教室 めばえ市原(準備中)

現在、ベビーマッサージ資格取得中。育児日記を一緒にやっています。

【子育て】今までに大変だと感じたこと~6ヶ月を振り返って~

f:id:su-butachan:20190426153817p:plain
生まれてから何度も続く大変な時期ですが、生後6ヶ月を区切りとして今までに大変だったことを回顧してみようと思います。

生まれてから~1ヶ月くらいまで(新生児期)

新生児の頃は昼でも夜中でも、2~3時間おきに授乳しなければならないこと・産後の疲れ・寝不足・乳首の痛み・後陣痛などが大変だと感じる要因でした。

また、首もすわっていないし見るからに「丁寧に扱わなければならない」というか弱さなので、抱っこをしたり沐浴をさせたりするのにも非常に神経を使いました。

そして、生後2週間あたりから乳児湿疹も出始め、いつか治るとは思っていても不安な日々が続いていました。
su-baby.hatenadiary.jp

生後2~4ヶ月

この時期は乳首の痛みや出産直後の疲れは落ち着きますが、今度は育児の疲れが徐々に溜まっていきました。

慢性的な寝不足と、授乳や抱っこなど不自然な身体を維持し続けることからくる首~肩にかけてのコリが主な辛さとなって出てきました。

私の場合はさらにその頃まで母乳も与えていましたが、十分な食事が母乳には大事なのですが、出産後は妊娠前と同じくらいの量しか食べることが出来ませんでした。

その結果、自分の体重も妊娠前より減ってしまい、体力のない疲れやすい身体になっていました。

さらに、その頃から徐々に微熱が頻発するようになってしまいました。

1度は38℃近い熱も出し、インフルエンザを疑い検査しましたが陰性で解熱剤のみで熱は下がりました。
しかし、その1ヶ月後に本当にインフルエンザになり大変な思いをしました。
su-baby.hatenadiary.jp
(ここで少し触れています)

他には、ギックリ腰で抱っこはおろか腰が痛すぎて真っ直ぐ立てなくなったり、首が寝違えたときのように痛くなったりもしました。

子どもを抱きかかえられないというのは、不便で仕方ありませんでした。

5ヶ月~6ヶ月

この頃になると、徐々に子どもは自分で動きたいという欲が出てきて抱っこをする回数は減っていきました。

だいぶ重くなった子どもの抱っこの回数が減ったことは喜ばしいのですが、今度はまた違った大変さを知りました。

触りたい、やりたい、やりたくない、好き、嫌い…など意思表示ができるようになり、自分のおもちゃだけじゃ物足りず親が触るものに興味を示すことが多くなりました。

寝返りも出来るようになり、うつ伏せになったものの自分では戻れず癇癪を起こしたり、立ちたいと騒いだりするので付き合ってあげなくてはならず、家事や自分のやりたいこともままならない状態でした。

振り返ってみて

その時その時は大変ですが、育児はその時期にしか体験出来ないことです。
新生児くらいのときは、生まれてきてくれたことに感謝して育て、
それ以降は子どもが成長しているという証拠なので、この時期は今しか味わえないと思って無理しないように付き合っていこうと思いました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村