ベビーマッサージ教室めばえ市原

市原市ベビーマッサージ教室めばえ

ベビーマッサージ&おくるみタッチケア教室の情報をお届けしています

生後1ヶ月 酷かった乳児湿疹

我が子は生後2週間くらいから乳児湿疹が出るようになり、1ヶ月検診の頃には結構ひどい状態になっていました。

f:id:su-butachan:20190315080116j:plain

顔が一番ひどく、首や鎖骨の辺りにも軽く湿疹が広がっていました。

清潔&保湿することが大事

1ヶ月検診まで2週間後くらいだったのと、かゆがる様子もなかったのでとりあえず清潔にして保湿をするようにしていました。

検診の前に相談した保健師さんや助産師さんは

「3ヶ月くらいには良くなってくるから、清潔にして保湿しておけば大丈夫ですよ。」

と言っていましたが初めて経験することなので、親としては顔に痕が残ったらどうしよう…とかこのまま治らなかったらどうしよう…と少し不安でした。

そして1ヶ月検診時、先生に湿疹について相談。

先生も、

「清潔にして保湿を十分にするように。」

と言い、清潔と保湿は基本中の基本なんだと感じました。

薬の効果はすごい

基本は清潔&保湿ですが、1ヶ月検診の際に塗り薬を処方してもらえました。

一番弱いステロイド系の塗り薬で、帰宅してお風呂に入れたあと塗ると次の日には顔の湿疹と赤みが、「ちょっと湿疹あるね。」くらいまで引きました。

その後、しばらく1日2回、湿疹が良くなってきたら1日1回と徐々に使う量を減らしていきながら、最後にはほとんど使わなくてもよいくらいになりました。

大体1週間くらいで、キレイな状態に。
f:id:su-butachan:20190317062445j:plain

その後たまに湿疹が出ましたが、乳児湿疹というよりミルク&よだれかぶれのような状態で、いつの間にか乳児湿疹はなくなっていました。

でも、湿疹が出ると自然に治りはしないので、今でも湿疹が出たら薬を薄く塗るということを繰り返しています。

ステロイドを長い期間使うことが心配になりますが、皮膚科の先生に聞くと

「継続的に塗らなければ、大丈夫。出たら塗る。治ったらやめる。を繰り返せば問題ありません。」

と言っていたので、私はそのように使っています。

それでも良くならなければ薬を使う

私もお風呂では泡できれいに洗い、ワセリンを塗って保湿をすることはこまめに行なっていました。

しかし、治らないものは治らないので薬を使用することになりました。
薬を使ったほうが長い目で見て子どもの為になる、という話を聞いたことも影響しています。

※以下は私が聞いた話です。医学的な根拠は確認できていません※

  • 母乳育児中に湿疹などが起きても、母親はアレルギー原因物質(小麦、卵、そば、ピーナッツなど)を除去した食事をしないほうがよい。
  • 湿疹が酷い場合は赤ちゃんの自然治癒力や食事療法に頼るのではなく、正しく薬を使い早めに治すことが重要。ミルクを飲んで栄養を摂っても、成長に必要な栄養素が湿疹を治す方に使われるので子どもの成長を阻害することになる。

私の場合は薬を使って湿疹が良くなるのなら、使ってあげた方が子どものためになると思いました。

(あるとしたら)薬の害よりも、湿疹をそのままにしておく方が身体に負担がかかると思うからです。

また、医療の知識に乏しい素人判断で「薬を使わない判断」をするよりも知識を持ったプロが「薬を使う判断」をしたのであれば、その考えを優先した方が良いと思います。

薬だけではなく、他の様々なことにも、その時その時で一番大事なこと、優先されるべきことは何かを見極めて子育てをしていきたいと思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村