ベビーマッサージ教室めばえ市原

市原市ベビーマッサージ教室めばえ

2019年10月よりベビーマッサージ教室OPEN!千葉県市原市 五井、八幡宿、姉ヶ崎

液体ミルク使ってみました。【江崎グリコ アイクレオ】

2019年3月11日に発売された、江崎グリコの液体ミルク「アイクレオ」を使ってみました。

f:id:su-butachan:20190315175646j:plain

飲ませ方は?

ストローのようなものが付いていますが、これは哺乳瓶への移し替え用専用ストローと表記してありました。

パッケージの側面に記載してあるミルクの飲ませ方を引用します。

  1. 開封前によく振る。
  2. 専用ストローのストッパー部がはまるまでさす。
  3. 消毒した哺乳瓶に移し替える。
  4. 水などで希釈せず、そのまま飲ませる。
  • 飲み残しは捨てる。
  • 開封後はすぐに飲む。
  • 飲む量は個人差があるので、必要に応じて加減する。

です。
1.の開封前によく振るとありますが、パッケージいっぱいに充填されているのか振れているか実感としては分かりづらかったです。

哺乳瓶に移してみた感想

専用ストローを使用しての移し替えは、想像していたよりも簡単にこぼすことなくでき、紙パックにもミルクが残ることもなく、全て移し替えられました。
f:id:su-butachan:20190315181046j:plain

移し替えたらそのまま燃えるゴミに捨てられるので簡単だと思います。

子どもの反応は?

まずは、常温のまま飲ませてみました。

いつもと違うミルクなので飲まないかな?と思いましたが、何の問題もなく飲んでくれました。
(心なしか「ん?なんかおかしい」というような顔をしていたような気がしますが)

50mlほど飲んだところで、徐々に飲まなくなっていきました。
離乳食を食べた後だったからかな~?と思いましたが、我が子は冷めきったミルクは飲みたがらないので一応温め直してあげてみたところ、全部飲みきってくれました。

どのメーカーのミルクでも飲んでくれる我が子は問題ないことが確認できました。

値段は?

私はお試しでヨドバシ・ドット・コムで買ったので、そこでは1本216円でした。
やはり、粉ミルクと比べると高いと感じてしまいますが、移し替えたらすぐ飲めることを考えると手間が格段に減ります。

<粉ミルクの工程>

  1. 哺乳瓶を用意する
  2. 粉を計量する
  3. お湯を注ぐ
  4. (白湯で割る)
  5. 人肌まで冷ます
  6. 飲ませる

<液体ミルクの工程>

  1. 哺乳瓶を用意する
  2. 哺乳瓶に移す
  3. (必要に応じて温める)
  4. 飲ませる

と2工程ほど減らすことができると思います。
手間をお金で買うという感じでしょうか。

アイクレオ赤ちゃんミルクとほほえみらくらくミルク缶の比較

現段階で出ている情報で、両者を比較してみました。

<アイクレオ赤ちゃんミルク>

  • 紙パック
  • 125ml
  • 賞味期限は6ヶ月
  • 0歳~

<ほほえみらくらくミルク缶

  • スチール缶
  • 240ml
  • 賞味期限は1年
  • 0歳~

どちらにもメリット・デメリットはあると思いますが、数種類あると使う場面によって変えられるのでよいと思います。

個人的な評価

江崎グリコの液体ミルクは紙パックタイプなので地震などで倒壊があった場合は破裂してしまう可能性があると思います。

その点は5月頃に発売される明治の液体ミルクはスチール缶なので、紙パックよりは強度が高いと思います。

なので、個人的には備えておくのは缶がよいかなぁと考えています。

また、ミルクの量の差が大きいです。
まだ1回で100ml以下しか飲めない子などは、ほほえみらくらくミルクの240mlを開けても一度に飲みきれず、さらに保存しておくことは推奨されていないので半分以上が無駄になってしまいます。

発売されたときから思っていましたが、1パック(缶)の量を100mlなどキリの良い量で発売してもらいたいです。

災害時に備えておきたい

また、お湯を用意したり冷ましたりという手間がないということは物資が不足する災害時にはとても重宝します。

哺乳瓶さえあれば、サッと赤ちゃんにミルクを与えることができますよね。
最低でも3日は物資が届かなくても足りるくらいの数は常備しておきたいと考えています。

追記

あと最後に一つ。
紙パックだと、長期間の保存の際に変質しないかが少し不安だと思いました。

夏場、クーラーの効かない場所で(特に最近の夏は気温が40度以上になるなど、品質の変化がしやすいと思います。)保存する場合のことを考えると、缶の方が安心感があると思いました。

まだ抵抗力の弱い子どもなので、確実に安全安心なものを飲ませたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村