ベビーマッサージ教室めばえ市原

市原市ベビーマッサージ教室めばえ

ベビーマッサージ&おくるみタッチケア教室の情報をお届けしています

うちの子は暑がり??

冬の寒い時期って親は

「子どもが寒かったりしないかな?」

と思って厚着をさせてしまいがちですよね。

家では肌着とカバーオールだけでOK

我が子は暑がりで、大人がちょうどいいと感じる温度に暖房を入れると暑いらしくミルクの吐き戻しが増えます。

暑いからといってグズることは無いのですが、ほっぺたが真っピンクになり熱を持った状態になります。

抱っこ紐で外出した時は電車や建物内は大人でも暑いくらいに感じる程暖房が入っているので、子どもは顔が赤く、髪の毛も湿ってグッタリするほどです。

なので、家にいるときは部屋全体を暖めないように大人はフリースを着たり、スポット的に暖まれるカーボンヒーターを使っています。

外出時、他の子を見てみると…

冬の時期に外出し、他の子の服を見てみると、ジャンプスーツ+防止+暖かいブランケットのような完全な防寒対策が行われている子を見かけることがよくあります。

年齢の差なのか、寒がりなのか、など個人差はあるとは思いますが暑くないのかなぁ?と純粋に疑問に思うことがあります。

子どもの様子は顔がピンクでもないし、ぐったりしている様子もないので大丈夫そうですが、我が子の暑さに弱いところが目立つように感じました。

冬に出かけるのが大変

家にいるときは、寒がらないので暖房費も節約できるのですが、問題は外出時です。

交通機関や商業施設内は暖かいので、前述の通り子どもはすぐにグッタリとしてしまいます。

親としては、子どもが暑そうにしてグッタリしているのが可哀想に思い、呑気に買い物をしていられません。
長くても30分以内で買い物を済ませ、涼しい屋外に出る必要があります。

買うものが決まっている食材や日用品の買い出しは困りませんが、ちょっと服を見たい、本屋に立ち寄りたい、などそういう余裕がないことがあります。

「仕方ない」とは思いながらも、息抜きしようと思っても「制限時間」があるので、なかなか息抜きになりません。

冬を過ぎたらどうなる?

これから暖かくなり、暖房を入れなくても過ごしやすい日が増えていきます。

クーラーを入れられる時期になれば、部屋を快適な温度に保ちやすいですがエアコンを使うほどでもない日の温度調整が難しそうです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村