ベビーマッサージ教室めばえ市原

市原市ベビーマッサージ教室めばえ

2019年10月よりベビーマッサージ教室OPEN!千葉県市原市 五井、八幡宿、姉ヶ崎

生後3ヶ月で歯が生えた!歯磨きはどうする?

f:id:su-butachan:20190408194142p:plain
我が子は生後3ヶ月で歯が生え始めました。
下の前歯がちょんちょんと2本。
思ったより早くてびっくりしましたが、生えるの止まって~!と言っても止まらないので歯磨きを始めます。

ところで標準的な歯の生えはじめっていつなんでしょうか?
乳児の歯について少し調べてみました。

乳歯の生える時期は?

歯が生え始める時期には個人差がありますが、だいたい生後6カ月〜9カ月ころが一般的です。多くの子の場合、まず下の前歯が2本生えてきて、次に上の前歯が2本生えてきます。
www.lion-dent-health.or.jp

平均的には6ヶ月くらいから生え始めるみたいですね。

母乳・ミルクのみの時期は特に歯磨きをしなくても大丈夫だそうですが、口に歯ブラシを入れる練習をした方がのちのちの歯磨きがスムーズに進むそうです。
指をカーゼで包んで少し拭くだけでも磨いた効果があり、口に何かが入ることを受け入れる練習になります。

我が子はこの時点で何の抵抗もなくガーゼは受け入れていました。不快な思いをしたら今後嫌がるかもしれないので、撫でる程度で力を入れず磨くことがポイントです。

歯ブラシはいつから?

6ヶ月前からはゴム製の歯ブラシも使用しています。

子どもが自分で持って磨けるようになっていて、力加減の出来ない子どもでも歯や歯茎を傷つけないで歯磨きをすることが可能。

ただし、喉を突く恐れがあり危険なので絶対に目は離さず、ストッパーも必ず装着して子どもに持たせるようにしています。

でも正直これで磨けているかは分かりません…(笑)
なので現在は仕上げ磨き用の歯ブラシも使用しています。

我が子は歯ブラシを口に入れると異物感からなのか、ただ噛みたいからなのかアゴが必ずしゃくれてしまうのが面白可愛いです…。

虫歯予防もしよう

虫歯になりそうな原因は極力取り除きたいですよね。
親が虫歯を持っていてスプーンなどを子どもと共有すると虫歯菌が移るということもあるそうです。

日本小児歯科医師学会の記事を引用します。

子どものミュータンス※1は養育者から伝播する。
むし歯が多い養育者の唾液の中にはミュータンス菌が高濃度に含まれているので、伝播しやすいから気をつける。
ミュータンス菌が少なくても、食べ物を口移しで与えたり、歯ブラシを共有することは避けたい。
一方、養育者にむし歯が無いか、治療が完了していれば子どもにミュータンス菌は伝播しにくいとされている。
このことからも、子どものむし歯予防には子どもの口のケアだけでなく、養育者の口のケアが大切である。
また、親子のキス程度ではミュータンス菌は伝播しないので、スキンシップを大切にしたい。

※1 ミュータンス菌=虫歯菌
母乳とむし歯−現在の考え方|日本小児歯科学会

親などに虫歯菌が無ければ、口移しなどをしても移りにくいとありますがリスクを避けるのであればそういった行為をそもそもしないほうが安全ですね。

また、こちらも知っておくと良いと思います。

乳歯はやがて生え変わるからケアの必要がないといわれるが、小児歯科の立場からは正しくない。
乳歯と永久歯は一度に生え変わるわけではないので、乳歯がむし歯になるような悪い口腔内状態では新たに生えてくる永久歯もすぐにむし歯になる可能性が大きいからである。

口の中は常に清潔を保つ必要があるということですね。

余談ですが、高齢者にもこのことは当てはまります。
寝たきりの高齢者なども口腔ケアをきちんとしておかないと、不顕性誤嚥(気づかないうちに唾液が肺に流れる状態)から肺炎を起こす可能性が高まります。
肺炎と誤嚥性肺炎は分けて統計が出されていますが、肺炎の死因は第5位に位置しています。
f:id:su-butachan:20190408205138p:plain

また、歯周病がある人は糖尿病になりやすかったり悪化したりするので治療が大切です。
歯周病と糖尿病の深い関係 | 糖尿病情報センター

たかが歯と思いがちですが、私達の健康に大きく関わってくるので小さいうちから上手に付き合っていく必要があることが分かります。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村